PickupNews


HotTrends

横須賀の海軍料亭『小松』で火災発生!!!!老舗の火災に悲しみの声が…

おすすめ記事

横須賀の老舗・海軍料亭『小松』で火災が発生!!

5月16日午後17時10分頃、神奈川県横須賀市米が浜通2丁目にある料亭『小松』から出火。通行人の男性が建物から火が出ているのを発見し119番通報した。

消防によると、木造2階建ての建物が燃え一時は黒い煙があがるほど火の勢いは強かったという。消防車12台が出動し消火活動にあたり、現在火の勢いはおさまった模様。

『小松』はこの日は休業日で、逃げ遅れた人はいなかったが、隣接するマンションで70代の女性が煙を吸い、病院へ搬送。幸い女性の症状は軽く命に別条はないという。

『小松』は明治18年に創業。横須賀の旧日本海軍幹部らに愛好された歴史を持つ。


料亭「小松」とは

火事のあった料亭「小松」は、戦前から海軍の提督がしばしば利用する「海軍料亭」として知られ、「パイン」という通称で親しまれています。海上自衛隊の幹部によりますと、店内には、東郷平八郎や米内光政、山本五十六にゆかりのある書なども所蔵されていたということです。戦後は、海上自衛隊の幹部もこの料亭を利用していたということで、ある幹部は「歴史的な遺産が失われたと思うと、ことばもありません」と話していました。
引用元

 

【スポンサーリンク】

 

 

『小松』火災に関するツイート

 

【スポンサーリンク】






【スポンサーリンク】

 

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

以下、厳選記事をお送りします。