酒鬼薔薇聖斗の『絶歌』にゴーストライターの存在が浮上wwwwwwwwwww

本日の注目ニュース
ピックアップニュース

 

saak
ニュースまとめ&感想

yaru酒鬼薔薇聖斗の手記『絶歌』にゴーストライター説が浮上している模様。被害者遺族側の悲痛の叫びがあったものの、その売上は絶好調で初版10万部発行から速攻で5万部の増刷となっている。
まぁ芸能人とかスポーツ選手の本とかと一緒で何かしらのサポートはあったと思うが…真相を突き止めてほしいな。

少年Aの手記 いかにも文学青年崩れ的な文章でゴースト説も-NEWSポストセブン

 日本中を震撼させた神戸連続児童殺傷事件(1997年)の犯人、「少年A」の手記『絶歌』(太田出版)が6月11日に刊行された。手記は「元少年A」名義で書かれ、初版は10万部。すぐに5万部の増刷となった。現在彼は32歳となっている。

 Aは事件後、医療少年院に入所したが、その医療少年院に講師として招かれ、少年らの授業を受け持った童話作家・森忠明氏に将来の希望を尋ねられ、当時18歳だった少年Aは「小説家になりたい」と答えた。

 森氏はAから短編小説を渡され感想を求められた。18歳の青年Aが書いた小説の一部を改めて抜粋する(以下、すべて原文ママ)。

《題 愛想笑いに手には名刺を (中略)「探偵さん」声が掛かる。振り返ると、傍らに背広を着た男性が。まずい、予定外の事に焦ってカメラを模索する。 「私達、籍を入れたのよ。」 やはりそうか、 「それはそれは、どうも実は俺、日本野鳥保護の会の者で……」という風太郎は証明を手に思う。依頼不通はこういうことだとは。》

 エンディングまで到底理解のできない文章が続く。

《僕は、サクラの木に凭れ掛かる。風太郎の周りの木々がざわめき立つ。そして、サクラの匂い、項垂れる風太郎に優しく進学を断念させて下さった桜子教師の香り。  その戦慄が、風太郎の脳裏を又、掠める。僕は手帳を取り出す。心のままに記してみたくなったから。 ──オキテだらけへの兆戦》

 この短編小説と、今回の手記を比べると、文章力は格段の進歩だ。描かれた精神構造は別として、“ストーリー”は理解できる。同じ人間が書いたものと思えず、実際に「いかにも文学青年崩れが書きそうな修飾過多の文章からは、一部ではゴーストライターの作に違いないと見られている」(出版関係者)という。
http://www.news-postseven.com/archives/20150623_330979.html

【スポンサードリンク】

このニュースに対する反応

元スレ: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1435067368/
酒鬼薔薇の手記、ゴーストライター説が浮上

3: 名無し@アイルビーバック
当たり前じゃん
この手の本で本人が書くわけない

4: 名無し@アイルビーバック
また新垣か

6: 名無し@アイルビーバック
新垣さん働き者やなあ

7: 名無し@アイルビーバック
出版決めた奴のクビ切れよ!

8: 名無し@アイルビーバック
どうでもいいわ
本人の写真のほうが興味あるわ

9: 名無し@アイルビーバック
あの駄文でゴーストライターとかないだろ

15: 名無し@アイルビーバック
芸能人が出す本と同じ枠だろうしゴーストライターで間違えないさ

16: 名無し@アイルビーバック
本人だと思ってるバカがいるのかよw

17: 名無し@アイルビーバック
真面目な話
どこでもある程度のゴーストライター使っとるよw
素人が書いた文章なんぞ読めるわけないだろw

19: 名無し@アイルビーバック
原文を元にゴーストライターが書いたんだろうな

28: 名無し@アイルビーバック
>>19
インタビューだよ

23: 名無し@アイルビーバック
違う出版社が逃げに走ってるだけ

25: 名無し@アイルビーバック
いやその前の犯行声明文は素晴らしかったじゃないか、それについても言及しろよ

29: 名無し@アイルビーバック
いやさすがに10数年も経ってれば読める文書けるだろ

30: 名無し@アイルビーバック
冒頭のヘッタクソな言い訳の文章は素人っぽかったけど

32: 名無し@アイルビーバック
自身の性描写もあるわけだから
ゴーストライターと出版担当者と酒鬼薔薇は
かなり打ち解けあってないとダメだよなぁ
接待にどれだけつぎ込んで物を与え贅沢させたんだろうな

35: 名無し@アイルビーバック
酒鬼薔薇の書いた俺様日記を
売れないラノベ作家が手直しした程度なんじゃねーの

53: 名無し@アイルビーバック
プロ作家の本以外は、全部ゴーストライターの作品だよ

55: 名無し@アイルビーバック
ほぼそのままだけど
大幅に削ったとことか、表現を変えたとこあったって
文春に書いてあった

56: 名無し@アイルビーバック
ゴーストライターどころか、フィクションの可能性もある。

57: 名無し@アイルビーバック
だいたい出版未経験者がいきなり200ページを破綻無く書けるわけねえだろ

58: 名無し@アイルビーバック
そらそうよ
勉強できないのに文才があるわきゃーない

61: 名無し@アイルビーバック
ゴーストライターじゃないと思ってる方がおかしい

62: 名無し@アイルビーバック
15年近く書き続けてりゃ少しはマシになってるだろ。

71: 名無し@アイルビーバック
あんなダセェ文章を書ける玄人っているのか?

73: 名無し@アイルビーバック
この少年は元々、作家志望であったのは知ってた。文も上手い
ただ今度の本が、ゴーストじゃないと言う保証はない

74: 名無し@アイルビーバック
やっぱ、出版社が話持ちかけて
ゴーストで出したんだろ
馬鹿売れって思ったが、あまりにも叩かれまくったんで
本人が売り込みにきたって言ったわけだ
否定しようにも、本人は人前に姿だせねーしなw

76: 名無し@アイルビーバック
榊原自身も別人化してて本人だと証明するにできないし
勝手に名乗って金稼ごうとするやつが出てきても不思議じゃないな

78: 名無し@アイルビーバック
まあゴーストライターだとして出版社が仕込んだとしても
そんなリスク取って売らなきゃいけないほど追い詰められてるの太田出版は?

79: 名無し@アイルビーバック
そらそうやろ、幻冬舎の見城徹がプロジェクト組んで完成原稿上げたって言ってんだから
“太田出版の担当者は”原稿についてはほとんどタッチしてないと言っただけで

80: 名無し@アイルビーバック
文才あるんじゃないの?
まだ犯人が捕まる前に犯行声明文を読んで
「犯人は高い教育を受けてる」「犯人は30歳代」とか言ってた人いたやん

96: 名無し@アイルビーバック
>>80
文章力や文才とは別の部分で不自然
立ち読みで読んだだけだが、素人が描いたとは思えないほどすいすい読めたので覚えてる
本人視点じゃなく、世間の人たちが知ってる有名な部分や、知りたい部分を書いてる
客観的な視点で自分のイメージや求められてるものが分かり過ぎてて変
これ以上ないほどゴーストライターの文章

82: 名無し@アイルビーバック
事件前後の内容ならwiki見て創作できる気がする

86: 名無し@アイルビーバック
懲役13年って文章がクオリティー高すぎて謎なんだよな
寄せ集めのつぎはぎなんだけどあれを14歳でほんとに書けたのかよ
その辺この本じゃ触れてないよな

95: 名無し@アイルビーバック
社長とかアスリートや芸能人の自伝と文体や雰囲気が非常に良く似てた
同じノリで自己陶酔含んだ書き方してて不自然極まる
受刑者の直筆の手紙とか読めばわかるが、もっと素っ気ないものだよ
ゴーストだろう
【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】
こちらも読まれています

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。