出川哲朗が右足骨折!!『謎解きバトルTORE!』収録中に2mの高さから落下。全治6週間と診断される

新着ニュース&注目ワード


7021タレントの出川哲朗がテレビ番組の収録中に足を骨折した…。
出川哲朗は16日、生田スタジオで行われていた『謎解きバトルTORE!』(日本テレビで4月8日放送予定)の収録に参加。出川哲朗が骨折をしたのは”壁の間”という番組内のコーナーの収録中。
“壁の間”とは、出演者がクイズに答えられないと背後の壁が出てきて、隙間がなくなり、耐え切れなくなったら落下してしまうというコーナー。

出川哲朗は約2メートルの高さから落下し、右足を骨折。病院で診断をうけた結果全治6週間で、日常生活に支障はないが激しい運動はできないという。
日本テレビは、番組のコーナーに対してはスタッフが十分なリハーサルを重ね、安全には細心な配慮を払っていたという。
今回、出川哲朗が骨折をするという事故が起きたことに対して「1日も早いご快復をお祈りするとともに、関係者の皆様にご迷惑、ご心配をおかけしましたことをお詫びいたします」とコメントを発表している。
激しいリアクションが売りの出川哲朗にとって6週間安静というのは痛手だな…。


(以下引用)

【スポンサーリンク】

お笑いタレントの出川哲朗が18日、日本テレビの番組収録中に右足の骨折などのケガを負ったことが分かった。同局が発表した。
 ケガをしたのは16日。生田スタジオで行われた「謎解きバトルTORE!」(4月8日放送予定)の収録中だった。出演者の背後の壁からブロックが徐々にせり出し、持ちこたえられない人が落下するという「崖の間」という番組内のコーナーで、出川が約2メートル落下。
 病院で診察を受けたところ、右足(第4中足骨)の骨折で加療期間約6週間と診断されたという。所属事務所によると日常生活に支障はなく、激しい運動は当面の間控えるという。
同局は、当該番組の収録に際してはスタッフが十分なリハーサルし、安全にも細心な配慮を払っていたがこのような結果となったことに「1日も早いご快復をお祈りするとともに、関係者の皆様にご迷惑、ご心配をおかけしましたことをお詫びいたします」としている。
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/
2015/03/18/0007831305.shtml

 

出川哲朗-Wikipedia

出川 哲朗(でがわ てつろう、1964年2月13日 – )は、日本のお笑いタレント、俳優。劇団SHA・LA・LAリーダー(座長)。株式会社蔦金商店取締役(詳細は後述)。愛称は哲ちゃん。
神奈川県横浜市神奈川区出身。マセキ芸能社所属。妻は元レースクイーンの阿部瑠理子。大叔父は、三鬼隆。曾祖父は三鬼鑑太郎。母方の遠戚に原節子。
リアクション芸人の代表格として、多くのバラエティ番組で活躍している。
実家は横浜市の老舗海苔問屋『つた金海苔店』(株式会社蔦金商店 1894年創業)で、哲朗の家族(現在の代表取締役社長は実兄の出川雄一郎)が経営しており、哲朗自身も取締役に就いている。 商品のひとつとして、哲朗の顔写真を使った「元気のりのり」の焼き海苔と味付けのりが発売されている。
愛車はポルシェ。
有吉弘行に付けられたあだ名は、「ヘルニア崩れ」。妻からは「くそてつ」と呼ばれている。
リアクション芸人の第一人者であることにプライドを持ち、経験から学んだ数々のノウハウを持っている。

ザリガニに顔をいじられる芸は得意で、「いただきまーす」と言いながら自分の鼻にザリガニのはさみを故意に近づける。はさまれないと不満をこぼすほどである。

 


この報道を受けてネットでは
「なんで2mもある必要があるんだ?」
「下が見えないようにするためとはいえ2mはやりすぎ」
「2mで骨折する出川も出川だろ」
「2メートルで骨折とかカルシウム足りてねーだろw」
「リアクション芸人がリアクション失敗したら仕事来なくなるな」
などのコメント。

 

落下して骨折っていうのは高さが全ての原因じゃないから、着地の時に変な足の付き方をしたら1m以内の高さでも折れしまうこともある。
リアクション芸に命をかけている出川哲朗だが、年齢的にも50歳を超えて運動神経や体力がついてこないようならあまり無理するのもよくないのかもしれないな…。
一日も早い回復とリアクションを期待しています。


 

【スポンサーリンク】






【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらもオススメです