スザンヌ、斉藤和巳の上田桃子との不倫に対して「そうじゃないといいな…」号泣の離婚会見

新着ニュース&注目ワード


7021スザンヌが離婚会見を開き「夫婦になれたが、家族になれなかった」と涙を流していた。
元ソフトバンクの投手で、現在は野球評論家として活動する斉藤和巳との離婚を発表したスザンヌが都内で記者会見を開いた。
スザンヌは離婚する事になった経緯を説明したが、離婚を切り出したのは以外にも斉藤和巳からで、昨年の夏頃から離婚に向けて話し合いを進め、年末に2人で話し合い離婚する結論に至ったという。不仲のきっかけは「些細なけんか、すれ違いもあった…」と語り、斉藤和巳から離婚を切り出された時は「どうしていいかわからなくなった」と当時の心境も語った。

スザンヌは「戻る気でいた。まさかこんな形で離婚になるとは…。夫婦として話し合いが足りなかった。」と自身を責めていたが、「お互いの人生を考えるとこれでよかったのかもしれない」とコメント。
今後、子供の親権はスザンヌが持ち、慰謝料や養育費を斉藤和巳が支払うことで合意しているという。
週刊誌などで”離婚のきっかけ”とされていた斉藤和巳とプロゴルファー・上田桃子との不倫に関しての質問もあったが「なんとも言えないとしか言えないけど、そうじゃないといいな」とコメントしている。
子供のことを考えるとスザンヌ的には斉藤和巳となんとか上手くやっていきたかったんだろうな…


 (以下引用)

【スポンサーリンク】

スザンヌ、離婚会見で大粒の涙「家族になれなかった」 終始自分を責める

 元ソフトバンク投手で野球評論家の斉藤和巳氏(37)との離婚を発表したタレントのスザンヌ(28)が18日、都内で会見を開いた。大勢の報道陣を前に改めて離婚を報告したスザンヌは、決断に至るまでの経緯を語るなかで「夫婦にはなれたけど、家族にはなれていなかったのかなと思います」と大粒の涙を流した。
 離婚を切り出したのは斉藤氏側からだという。去年の夏ごろから話し合いを進め「年末に話し合って、二人で結論を出させてもらった。一緒に住む想像ができなくなりました」とスザンヌ。「私は戻る気でいました。まさかこんな形で離婚になるなんて…」と悔み「私たち夫婦のことは話し合いが足りなかったのかな」と終始、自分を責めた。
 きっかけは「些細なけんか。すれ違いもありました」といい、斉藤氏から別れを切りだされ「最初は、本当にどうしていいかわからなくなった」と当時の心境も告白。それでも「お互いの人生を考えたなかでこれが一番いい結果なのかもしれない」と必死に前を向いた。
 また、斉藤氏と女子プロゴルファー・上田桃子選手との“不倫疑惑”については「本当にわからない」と話し「なんとも言えないとしか言えないけど、そうじゃないといいな」と最後まで元夫を信じていた。
 弁護士を通じて、親権はスザンヌが持ち、養育費と慰謝料は斉藤が払うことに決まったという。涙ながらに離婚を報告したスザンヌは、30分に渡る会見を終え「気持ちを切り替えてまた新たなスタートをしていきたい」と決意新たに語っていた。
 二人は2011年12月に結婚。昨年1月に第1子となる男児が誕生し、当初は家族3人での幸せな生活をブログに載せていたスザンヌだが、最近では斉藤が登場しなくなり、離婚危機がうわさされていた。今回の離婚をもって3年3ヶ月の結婚生活に終止符を打った。
http://headlines.yahoo.co.jp/
hl?a=20150318-00000319-oric-ent

 

スザンヌ-Wikipedia

スザンヌ(Suzanne、1986年10月28日 – )は、日本のタレント、女優、歌手である。歌手グループ 『Pabo』・『アラジン』メンバー。株式会社ケイダッシュステージ所属。 熊本県出身。第一経済大学付属高等学校(現・第一薬科大学付属高等学校)中退。
本名は山本 紗衣(やまもと さえ)。
福岡市の第一経済大学付属高等学校を中退後に芸能界デビューし、福岡の芸能事務所に所属。モデル、ローカルタレントとして同地を中心に活動していたが、引っ越しのアルバイト等にも励む日々であったという。
2007年(平成19年)5月に初出演したクイズ番組 『クイズ!ヘキサゴンII』での珍解答振りによって常連解答者となりいわゆる「おバカタレント」としてブレイクし、その後バラエティ番組での出演が増えるようになる。
2010年3月17日発売の写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)で、福岡ソフトバンクホークスの投手・斉藤和巳との交際が報じられた。スザンヌはブログで「彼はわたしにとって、とても大切な人」と表明し、斉藤も自身のブログで「彼女は僕にとって特別大事な人」とコメントした。2011年12月1日に二人は結婚。

2013年8月に妊娠したことが明らかとなり、同年10月をもって産休に入る。2014年1月6日、22時39分に第1子となる男児を出産。

 


【関連話題】

◆スザンヌとの離婚報告で斉藤和巳のブログが炎上

斉藤和巳は17日、自身のブログで「この度、私、斉藤和巳は、妻スザンヌさんと協議の末、離婚した事をご報告させて頂きます」と離婚を報告した。また、離婚に至った原因に対して「お互い福岡、東京で仕事をする中で、すれ違いが増え、共に生活をする時間を持てず、これからのお互いの人生にとっての話し合いをし、離婚をする事となりました」と説明し、さらに「夫としての責任を果たせなかった事は、彼女には本当に申し訳なく思っています」と綴っていた。

上田桃子との浮気説や、子育てに非協力的だった。DVなど…様々な悪い噂があり、スザンヌに同情する声も多く、斉藤和巳のブログには
「酷い!スザンヌがあまりにも可哀想!」
「因果応報ってあるとおもいますよ」
「ほんとにクズですね」
などと、非難コメントが殺到し炎上した。中傷コメントはブログ運営会社によって削除されたが、削除されたことに対しても
「コメント削除してるのみんな分かってますよぉ。恥ずかしくないんですか?」
「コメント消すならブログ辞めてしまえ!大人げない」
「どんなコメントでも一人一人の読者の方からの言葉だと思いますが。自分に取って、都合の悪いコメントを削除するのは、人としてどうなのかなぁ」
などとコメントが殺到してしまう事態になった。

※現在中傷コメントは削除され、応援コメントのみになっている。


スザンヌの離婚会見に対してネットでは
「不倫だったら凄いな斉藤」
「へぇ今回は養育費払うんだ」
「こいつ(斉藤)、こんなこと繰り返しながら結婚五回以上しそうだな」
「状況的にはスザンヌの方がカズミに愛想を尽かしたのかと思っていたが違うようだね」
「かわいそうに。次はしっかりした男と巡り会ってほしい。」
「斉藤は前科あるからフォローできないよ」
「画像みたらもらい泣きしそうになったわ 」
「子供に会おうともしなかったわけか」
などのコメントがあった

 

週刊誌の報道の影響からか、スザンヌと斉藤和巳の離婚に関してはスザンヌに同情する声が多い。浮気やDV、暴力などと、あまりよい噂がない斉藤和巳が責められるのは仕方がないが…。それにしてもスザンヌから切り出した離婚だと思っていたが、斉藤和巳からとは意外だった。養育費の他に慰謝料も発生するということで、斉藤和巳に非がある離婚だが、今は上田桃子と不倫していないことを祈る…


 

【スポンサーリンク】






【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらもオススメです