キラキラネームを隠すために山田精霊君が職場で通称名を使用した結果…

新着ニュース&注目ワード

キラキラネームは親のモラルが問われる問題?

キラキラネームを隠すために、職場で『通称名』を使用しても良いのか?そんな事が話題になっている。
キラキラネームはDQNネームなどと呼ばれ、2000年以降にどんどん広まっていった。普通では考えにくい名前で、漢字を無理やり当て字にしたり、花=フラワーのように漢字をその意味から英語読みすることから、初見では読みづらい名前。(というかほぼ読むことが出来ないが、読み間違いをされると怒り狂う親が多い)

近年、キラキラネームは徐々にエスカレートしていき、光宙(ぴかちゅう)など、アニメキャラの名前をつける親も出現し、その名前から学校などでイジメを受ける子供も続出。ついに安部首相が「ペットじゃないんですから」と、苦言を呈するまでに発展した。

キラキラネームの元祖といえば1993年に東京都昭島市で『悪魔』という名前を我が子に命名して出生届けが出されたが、「子供の福祉を害するおそれがある」などとして受理されなかった事で話題を呼び、『悪魔』という悪の象徴を表現する呼称を我が子に命名したことで、親のモラルが問われた。
ちなみにこの名前を付けた父親は騒動の3年後に覚せい剤取締法違反で逮捕されている。

それでもキラキラネームを我が子に付けたがる親は多く、近年では幼稚園や小学校のクラスの大半がキラキラネームというケースも珍しくないという。
2014年のキラキラネームランキイングでは

1位:苺愛(いちあ、べりーあ)
2位:黄熊(ぷう)
3位:七音(どれみ、おんぷ)
4位:姫奈(ひめな)
5位:希星(きらら、きてぃ)
6位:彪雅(ひゅうが、あやさ)
7位:愛羅(あいら)
8位:今鹿(なうしか)
9位:姫星(きらら、きてぃ)
10位:琉絆空(るきあ)

などと、正直ふりがなが無ければ一つも読めないほどになってしまっている。

キラキラネームの辛さは本人じゃないとわからない

赤ちゃんの頃や乳幼児の頃は構わないのだろうが、実際にキラキラネームを付けられた子供が成長し、世間と触れ合っていく中で、何かしらの支障が発生しているケースは少なくないという。

YAHOO!知恵袋などにも、自分のキラキラネームに悩んでいる人からの質問も年々増えている。また、「子供が自分の名前の事からかわれるから学校に行きたいと言っている」など、名前を付けた親自身が相談するケースも…。
実際に、キラキラネームを付けられた本人たちは「いちいち説明するのがめんどくさい」「恥ずかしいので偽名を使っている」などという人もいて、中には「改名しました」という人もいるようだ。

一方、日本には『珍名』と呼ばれる苗字の人も多く、釈迦牟尼仏(にくるべ)さんや華蔵閣(けずかく)さんのように読めないものから、牛糞(うしくそ)さん、馬鹿(まか)さん、禿(はげ)さん、下毛(しもげ)さんなど、呼ぶ方が気を使いそうな名前も存在する。
これは先祖代々受け継がれてきた名前なので、自分の意志がどうこういう問題ではないが、法律的には、苗字に関しても「やむを得ない事由」がある場合には変更する事が可能となっている。
「やむを得ない事由」と言うのは、「当人にとつて社会生活上氏を変更しなければならない真に止むを得ない事情があると共にその事情が社会的客観的にみても是認せられるものでなければならない場合を言うものと解すべきである。」
となっている。

  【スポンサーリンク】

職場での『通称名』はあり?

実際に、キラキラネームが原因で就職を不採用になるケースもあるらしく、社会的な問題もチラホラ出てきている。
そんな中、ツイッターで「取引先の社員が偽名を使っているらしい」というツイートが話題を呼んだ。

このツイート主によると、「取引先はそれなりなところなので、ウチに出入りする人間の身元をこちらで調査するような事は基本的にしない」ということだが「偽名とは穏やかではない」として、事情を調べてみたのだという。
その後調査をすると偽名を使用していた理由が判明した。
「本名が『山田精霊(やまだふぇありい)』さん(仮名)である事、改名申請中だという事が判明」「何も無かった事にしておいた」とツイートしている。このツイート主もこれでは仕方ないと思ったのだろう。
現在、山田精霊さんは改名をして別の名前を取得しているという。

では実際に、職場で本名ではない通称名を名乗ることは問題が無いのだろうか?

弁護士によると、一般論で言うと通称名を使用することを取り締まる法律はないため問題は無いが、トラブルの元なのでやめておいたほうが良いという。
ではこれが、キラキラネームの場合は

「『本名がキラキラネームで、改名申請中だ』というのは、日常的に通称を使う理由として、一応の合理性があると思います。したがって、職場での日常的な呼称としてなら、通称を使っても問題ないと思います。

ただ、契約書を作る場合などは、話が別です。名前には『個人を特定する』という機能があります。簡単にいえば、『その人が誰か』ということを、対外的に明らかにする機能です。契約は『個人を特定すること』が強く要求される場面ですので、本名を使用したほうが安全でしょう。

このほか、住民登録や戸籍に関する届出書を行政に出す場合など、性質上、本名でなければならないものもあります」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150329-00002880-bengocom-soci

結局、職場で通称名を使用することは問題ないが、契約などの法的な手続きをする際は本名じゃないといけないってことのようだが、普通過ぎる答えだ…。

話はちょっと違うが、日本の会社には社員のほとんどが通称名を使用している会社も存在する。
その会社は地域性の問題から社員の大半が”同じ名字”で、顧客対応などが非常にややこしいらしく、社員が通称名を使用しているが、せっかくだから覚えやすい名前にということで、『松田聖子』や『田原俊彦』など80年代のアイドルと同じ名前をつけている人もいるという。

キラキラネームは日本だけじゃない

キラキラネームの問題は実は日本だけではなく海外にもある。
アメリカやイギリスで「最も不幸な名前」として紹介されている名前は

Jo King(=Joking ジョーク)
Barry Cade(=Barricade バリケード)
Carrie Oakey(=Karaoke カラオケ)
Tim Burr(=Timber 材木)
Mary Christmas(メリークリスマス)
Hazel Nutt(=Hazelnut ヘーゼルナッツ)
このほかにも、Sue Shi(=Sushi 寿司)、Stu Pitt(=stupid 馬鹿)、Minnie Skurt(=mini skirt ミニスカート)、Hammond Eggs(=ham and eggs ハムと卵)、Eve Hill(=evil 邪悪な)、Ben Crobbery(=bank robbery 銀行泥棒)、Al Kaholic(=alcoholic アルコール中毒)など…

日本とはちょっとニュアンスが違うようだが、たしかに可哀想過ぎる名前だ…

キラキラネーム関連のツイート


<この話題に対する反応>

子が偽名を使ってるって知ったときの親の顔がみてみたいわ。

一期一会と書いて(であい)ちゃんとか、獅子と書いて(れお)くんとか、宇宙一と書いて(すぺしゃる)くんとかのキラキラネームがてんこ盛りの幼稚園パンフレット見てたらクラクラしてきた。あと山九と書いて(さんきゅー)くんもいる…日本、スゲーな

春のセンバツ見てて、キラキラネームの球児とか見つけると「コイツ野球で大成しないとこの先勉強も野球の片手間で済ませてるだろうしマジで人生詰んでるんだよな」などと心配になってしまう。

多分、あと10年くらいで「キラキラネームだったから就職が不利になる」ってことが社会問題になると思う。

なんか逆に名前覚えてもらえそうだけどそれ以上に同情されそうな気がするw

キラキラネーム付けられた子が社会に出て、通名で生活する時代か…ひでぇな

7021最近のキラキラネームは衝撃的だな…。名前って、子供にどう育って欲しいとか願いを込めてつけているもんだと思っていたけど、今は自分がどう呼びたいかなんだろうな…。きっとキラキラネームをつけている親の大半は名前が地味な気がする。

 

 

【スポンサーリンク】






【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらもオススメです