どうして目を離したんだ!?6歳男児が海に転落か?岩手県久慈市の久喜漁港に家族で釣りに来ていた6歳男児が行方不明

新着ニュース&注目ワード

海に転落?6歳男児が行方不明…

29日の午後4時頃、岩手県久慈市の漁港に家族で釣りに来ていた男性から「6歳の息子の行方がわからなくなった」と警察に通報があった。

通報したのは行方がわからなくなった遠藤伶くん(6歳)の父親で、岩手県葛巻町の会社員・遠藤裕太郎さん(29歳)

伶くんの行方がわからなくなった場所は、岩手県久慈市宇部町の久喜漁港で、遠藤さん一家はこの日の午前11時頃から家族5人で漁港へ釣りをしに来ており、遠藤さんが釣りをして目を離した間に伶くんの姿が見えなくなったという。
伶くんが最後に目撃されたのは午後3時半頃で、妹とテトラポットの上に登って遊んでいる姿が目撃されている。

通報を受け、現場に駆けつけた警察や消防が漁港を捜索した結果、漁港の防波堤沿いにある波消しブロックの間から伶くんのものと思われる靴が発見されていることから、伶くんは海に転落した可能性が高いとみて防波堤周辺や、八戸海上保安部の巡視艇やヘリコプターが海上を捜索捜索を進めている。

捜索した結果、伶くん発見には至らず29日の捜索は午後22時半過ぎに一旦打ち切りに。30日は朝6時から捜索が再会される。

【スポンサーリンク】

岩手6歳男児行方不明関連ツイート

7021伶くんはこの春から小学校へ入学予定か…。そんな小さい子をフェンスのない海のそばで、ライフジャケットも着せずに目を離すのは本当に危ないだろ…。夜は暗いし寒いだろうな…一刻も早く見つけてあげて欲しい。

 

 

【スポンサーリンク】






【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

こちらもオススメです